玄米を食べると育毛効果があるという話

玄米を食べる人は結構います。私も食べています。ランチを食べるお店でも玄米と白米のどちらにしますかと聞かれる店もあります。

しかし、玄米に育毛効果があるとは知りませんでした。いつもの岡嶋先生の薄毛の食卓の受け売りです。

玄米

スポンサーリンク
スポンサーリンク

米ぬか成分がIGF-1を増やす

岡嶋先生の実験で、米ぬかの成分がIGF-1を増やすデータが出たそうです。米ぬかは玄米を精米した時に出ます。米ぬかには米油になる油分も入っていて栄養価も高いことが知られてはいますが、基本的に土に戻すしかない廃棄物になります。

岡嶋先生は、きっと頭に塗る育毛剤の研究をやっていたのでしょう。

米ぬかに含まれる、ガンマ-オリザノール、ビタミンB1、GABA、それらがすべて知覚神経を刺激する作用を持っていました。

知覚神経が刺激されると、毛根も含めて全身のIGF-1が増加します。育毛効果の他、健康にも役に立ちます。

γ(ガンマ)-オリザノール

オリザ油化株式会社のサイトを見ると、γ-オリザノールは、米糠油および米胚芽油に特有の生理活性物質であると書かれています。

また、γ-オリザノールを見ると、効果が書かれていました。

γ-オリザノールは,向精神薬や中枢作動薬としての,更年期障害などに関する数多くの臨床報告があります 。自律神経失調症および頭部外傷後遺症で長年病んでいる患者ほど効果があり、多量の投与によっても副作用が見られなかったと報告しています。

その他にも,植物ステロールとの併用で老人性痴呆症,動脈硬化,脳軟化症の治療薬として用いられるに至っています。

また、抗酸化作用もあるようです。

γ-オリザノールの抗酸化性は広く知られており,油脂の酸化を抑制するのに大いに役立っています。γ-オリザノール(0.5%または1%)の添加により,大豆油の熱酸化重合に対して抑制効果を発現することを報告しています。

その他、高脂血症や高コレステロール血症の改善作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用についても書かれていました。

ビタミンB1

ビタミンB1はチアミンと呼ばれ、糖代謝に関係しています。不足すると脚気になることが知られています。

江戸時代、江戸で蕎麦が食べられていたのは、脚気の人が多かったからだといわれています。地方で長く玄米を食べていた武士が江戸に住み、おいしいので精白米を食べるようになって、栄養不足から脚気にかかったといわれています。脚気は、江戸患いといわれていました。

また、明治時代になっても、玄米など雑穀を食べ慣れていた農村部の男子が陸軍に入り、白米を大量に食べて脚気を起こし、そのために日露戦争で苦労した話などが残っているようです。

GABA

GABAは、γ-アミノ酪酸(ガンマ-アミノらくさん)は、アミノ酸のひとつで、主に抑制性の神経伝達物質として機能している物質です。

英語名の γ(gamma)-aminobutyric acid の頭文字をとった略称 GABA(ギャバ)が一般的に広く用いられています。

抑制性の神経伝達物質GABAを食べても、その働きである鎮静、抗痙攣、抗不安作用が現れるわけではありません。血圧を低下させる働きはあるようです。

玄米は腹持ちがよい

精白米のご飯はパンを食べるより腹持ちがよいですが、ご飯よりも玄米の方が確かに腹持ちがよいです。私は単純に精白米より消化に時間がかかるからだと思っていました。

岡嶋先生によると、これは唐辛子がたくさん入った料理を食べると食欲が抑えられるのだが、それと同じだと説明されています。

よく、唐辛子がたくさん入った料理を食べると、その料理を食べているときは食欲が旺盛になりますが、次の食事があまりたべられなくなることを経験します。

これは、熱や痛みを感知する胃腸の知覚神経が刺激されるので、私たちの体は、体を傷つけ、害を及ぼすものを食べたと勘違いして、食欲を低下させるからなのです。

玄米を炊くときに気をつけること

最近の炊飯器では、玄米モードがあるので炊けないことはないですが、もし、少し古くて圧力がかからないタイプならあまりおいしく炊けない場合があります。

そして、もう一つ、玄米は胚芽がついている種であり、芽がでます。種には自分を守るためのアブシジン酸(発芽抑制因子)が含まれていて、これは人にはマイナスに働きます。

半日~1日水に浸ける

アブシジン酸の害を取り除くには、半日~1日水に浸けておいて、発芽玄米にするとよいです。から煎りしてから炊く方法もあるようですが、発芽玄米の方が体によいと思います。

発芽状態になったかどうかは、水につけた玄米を手に取って見て、胚芽がふくらんでいれば大丈夫です。完全に発芽するまでおく必要はありません。

発芽の時に発熱するらしく、水が少し温まって、種の老廃物を出すのかかなり汚れます。

圧力鍋で炊く

圧力鍋を使うと柔らかくもちもちとした感じで炊けます。昔は、圧力鍋は2~3万するのが当たり前でしたが、今は数千円でよいのが買えます。

たとえば、パール金属 圧力鍋 3.5L IH対応4000円しないでこんな鍋が買えるようになるとは。ヨドバシやドンキホーテでもあるので、実物を見て買った方がよいです。圧力鍋は大きいのを買った方が使いやすいです。

4.5Lの方がよいかもしれません。

圧力鍋を使って炊く時も、もちろん、玄米は半日~1日水に浸けておいて下さい。

まとめ

玄米はからだによく、特に圧力鍋で炊くと香ばしくもちもちしたご飯が炊けます。育毛を目的にして食べ始めても、特にお腹の調子がよくなり、損することはないですよ。

タイトルとURLをコピーしました