桑の葉と発毛

栄養学の古い本を読んでいたら、桑の葉に発毛効果があると書かれていました。今は情報過多で本当の話を探すのに苦労しますが、昔は情報は少なかったですが、そこそこ信じられる話が多かったと思います。

桑

かなり前の本ですが、栄養学者川島四郎先生のたべもの心得帖に面白いことが書かれていました。桑の葉についてです。

桑の葉の栄養を真正面からでなく、裏から、つまり搦手(からめて)からみてみましょう。

昔はどの都市にも遊郭がありました。江戸なら吉原、京都なら島原、大阪の新町がそれでした。

その遊郭にはお女郎さんが抱えられていますが、そのお女郎さんの中にはあるべきところに毛がない妓(こ)もいます。こういう妓はお客が寄らないし、楼主が儲かりません。

そこで何とかして毛を生やしてやろうとして、吉原には、大昔からずっと、遊郭が廃止になるまで続けられていた妙法がありました。

それは桑の葉をよく揉んで柔らかくして、青い葉の液が出るようになったのを局部に当てるーこれを根気よく続けていると発毛してくるということです。

よほど効き目のあったものらしく二百数十年、この手法が連綿として施されていたものでした。

また、中国の有名な本草書、本草綱目には桑の葉、桑の実について、外用、皮膚に塗ることで髪の毛が生え、髪を黒くすると書かれていたそうです。(出典

桑の葉を使った育毛剤を調べてみました。しかし、お茶や青汁は出て来ますが、育毛剤は出て来ませんでした。

桑白皮を使った育毛剤ならありました。桑白皮とは桑の根を乾かしたもので、残念ながら葉や実ではありません。

リフルール 薬用育毛エッセンス

タイトルとURLをコピーしました