女性が薄毛になる原因とは

女性の薄毛は男性とは違います。髪の分け目の部分から薄くなる印象があります。女性が薄毛になる原因について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性の薄毛の原因

妊娠によるホルモンバランスの変化

女性ホルモンは、毛細血管を拡張させて毛髪の成長を促す働きがあります。女性ホルモンによって毛髪の成長期は延び、ヘアサイクルは長くなります。

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えるので、ヘアサイクルが長くなって抜け毛は減ります。

妊婦さん

ところが、出産後はホルモンのバランスが元に戻ります。それまで寿命を延ばされていた毛髪は一気に休止期になり、かなりたくさん脱毛することになります。こうした脱毛は、出産後半年近く続くこともあります。

しかし、これは出産によるホルモンの変化が一時的に影響を与えたもので、徐々に回復し、半年から一年半ほどで元に戻ります

また、妊娠ではなく、中用量ピルを服用している場合も、同じです。ピルは卵巣ホルモンによって排卵をストップさせる避妊薬です。この状態は、人工的に妊娠中と同じ状態になっています。

ピル服用中は、妊娠中と同じように毛髪の成長期を延ばし、ヘアサイクルを長くしているので抜け毛は減ります。しかし、服用を止めると、出産後と同じようにホルモンバランスが元に戻るので、出産後の脱毛と同じようになります。

加齢による変化

加齢変化は誰にでも起こることで、病的な変化ではありません。

健康で、薄毛に悩んでいない女性の毛成長の調査で、40代前半までは毛が太く、髪が伸びる成長期にある髪の割合も低下していませんが、閉経すると毛が細くなり、活動を休む休止期の割合が増加し、毛の密度が低下してくることが知られています。

加齢変化は、休止期の毛の割合が増え、成長期が短くなるために全体の毛髪の数が減少します。

また、髪が細くなるので地肌が見えやすくなります。

女性の男性型脱毛症

女性にも男性型脱毛症があります。卵巣や副腎でつくられている男性ホルモンによって起こります。

若いうちは、女性ホルモンが圧倒的に多く、それが男性ホルモンの働きを抑えているのですが、閉経後、女性ホルモンの分泌が減少してくると、男性ホルモンの働きを抑えきれなくなり、男性型脱毛症が起きてきます。

もちろん、男性と同じで、全ての人に起こるわけではありません。若いころに発症していても、一般には高年になって気づくことが多いそうです。

女性では前頭部や角額(男性でいうそりこみ)の後退はなく、頭頂部の毛が細く、少なくなる変化が主体とされました。しかし、のちに前頭部生え際や角額の後退も女性の薄毛では指摘されるようになってきました。

女性の男性型脱毛症の発症時期は、30歳前後に気づく人もいますが、もっと高年であることが一般的です。

父親が男性型脱毛症の方の中には、出産後に生じる出産後脱毛を契機に男性型脱毛症が進行することがあると知られています。

瘢痕性脱毛症

頭部のケガなどのため、毛乳頭が破壊され、その部分に脱毛が起こります。この場合は、脱毛部分に植毛をしたり、縫い縮める、植毛するなど手術的な処置が必要です。

牽引性脱毛

ポニーテール脱毛ともいいます。毛が抜けない程度に持続的に強く引っ張ることによってその部分の毛乳頭に力が加わり、次第に衰えて髪が抜けてしまうのです。

ポニーテール

バレエや新体操を習っている女の子に、この脱毛が診られます。夜寝る時に髪をほどいてもこの脱毛症になってしまう場合があります。

また、粘度の高い整髪料を使って、毎日毛髪を引っ張ったり固めたりすることで牽引性脱毛が起こることがあります。

生活習慣による脱毛

たとえば過激なダイエットをすると、からだは栄養不足や栄養バランスの悪い状態になります。毛髪の原料はたんぱく質なので、栄養不足からたんぱく質が欠乏すると、毛髪は細く弱々しくなります。

また、毛母細胞は、絶えず分裂をくり返すために十分な栄養が必要ですが、栄養状態が悪くなると新陳代謝が滞り、毛髪がつくられなくなります。

休止期脱毛症

休止期脱毛症は、女性の薄毛の原因とされています。休止期とは、毛の成長が止まっていつ抜けてもよい時期のことです。正常な場合3ヶ月程度続きます。割合は、頭髪全体の10%程度です。

毛髪のサイクルについては、毛髪のサイクルを支える毛根と血流という説明する記事を書きました。詳しく知りたい方は記事を読んでみてください。

https://hair.mana-beru.com/198

休止期が3ヶ月以上の長さに延長したり、成長期から急に休止期に移行したり、休止期から成長期に戻らなかったりすることで、脱毛が発生し、ゆるやかに頭髪の密度が低下する変化を休止期脱毛症といいます。

休止期脱毛症は

  1. 急性休止期脱毛症
  2. 慢性びまん性休止期脱毛症
  3. 慢性休止期脱毛症

に分けて考えられています。

急性休止期脱毛症

文字通り、成長期が急激に休止期に移行するため急に抜けるようになります。いままで説明してきた脱毛症の中では、妊娠によるホルモンバランスの変化と生活習慣による脱毛があてはまります。

慢性びまん性休止期脱毛

慢性びまん性休止期脱毛は、6ヶ月以上かけて進行し、頭頂部にとどまらず頭部全体に脱毛が広がり、薄毛になります。びまん性とは、広範囲に拡がっているという意味です。原因は内臓疾患などが考えられます。たとえば、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、膠原病など。

慢性休止期脱毛

慢性休止期脱毛は、壮年期の女性に多い脱毛です。少なくとも6ヶ月以上、10年単位で、軟毛化を伴わない、両側頭部にもうぶ毛が見られる原因不明の脱毛変化です。

FAGA(女性男性型脱毛症)との違いは、側頭部のうぶ毛の有無で判断します。FAGAの場合は、両側頭部にうぶ毛が見られません。

まとめ

女性のきれいな髪はとても魅力的です。男性の目から魅力的に映るということは、女性は髪をとても気にしていることだと思います。

薄毛の治療についてもできるだけ詳しく調べてみます。

タイトルとURLをコピーしました