お湯だけで洗髪途中経過のご報告

途中経過のご報告です。

シャンプーをやめると髪が増えるという本を読んだという記事を書いた翌日、11月11日から、お湯で頭を洗うようにしました。今のところは毎日お湯で洗っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日お湯で頭を洗っています

宇津木龍一先生は34~35℃のぬるま湯で十分だと本に書かれていましたが、初日の脂が落ちない感じが気になったのと、寒い季節なので43℃のお湯で洗っています。

石けんやシャンプーを使わないと耳の後ろの脂が落ちにくいのが気になります。頭は一切洗剤を使わないと決めたので、お湯で落としています。

もともとが几帳面な性格でないので、適当です。ただ、やはりにおいは気にしているので、妻に時々においを嗅いでもらっています。

酒を飲むと翌日、脂の分泌が増える

酒を飲んだ翌日は脂の分泌が増えますが、これはなぜなんでしょうね?額に出る脂が増えるので、当然、頭皮の脂も増えます。アルコールがすぐに脂に変わるとは思えませんが、どういう理由なのか興味があります。

もし、アルコールで脂が増えるなら、甘い物をたくさん食べた時も増えてもよさそうですけれど。

シャンプーで洗わなくなると、その日その日で髪の手触りが変わります。地肌ではなく髪を上からさわった時の感じです。案外、脂の回りがよいものだなと思います。寝ている時に枕の上に乗っかっている後頭部は、少し脂っぽくなります。

まめにブラッシングする

トイレに行くなどして、洗面所を通過する時は、なるべくブラッシングをするようにしています。猫も鳥も毛づくろいします。妻の実家で昔飼っていた猫は食べることだけに熱心で、またたく間にデブになり、自分で毛づくろいできなくなると本当にくさい猫になっていました。

生き物は代謝するので、自分でも手入れをしないといけないのだなと思います。なまけものでない普通の飼い猫の毛並みがきれいなのは、栄養状態がよいことと、毛づくろいのたまものなのだと思います。

そう考えると人も同じですね。シャンプーは強力なので使っていると1日1回洗っているといいやと思いますが、使わなくなるとにおいが気になっている分、他のことをまめにやろうと思うようになります。

毛髪に変化はない

髪に変化は感じません。温冷浴は頭皮に刺激を与えますで書きましたが、温冷浴をやるとかなり刺激があるので、髪の手触りも変わります。しかし、お湯洗髪は、今のところ変化は見た目も手触りも変化を感じません。

ただ、シャンプーで頭髪を洗わなくなると、整髪料のようなものをつけたいと思わなくなりました。なぜなんでしょう。十分に皮脂が髪に回っているからかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました