IGF-1とがんの関係について

育毛に役に立つといわれるインスリン様成長因子IGF-1について調べていると、チラチラとがんとの関係について書かれた記事が出て来ます。

気になったので、IGF-1とがんとの関係について調べてみました。

新聞のガンの見出し

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IGF-1が増えるとがんになる

日経トレンディネットの記事、高タンパク質ダイエットって、大丈夫?では、IGF-1についてこのように書かれていました。

高タンパクの食事はIGF-1を増やす

 研究者らは、タンパク質の摂取と死亡率との関連について「インスリン様成長因子1(insulin-like growth factor 1、IGF-1)」の影響を調べました。IGF-1は以前、牛乳の話題に登場した、細胞の成長や分裂を促進し細胞死を抑制している、私たちの健康維持や成長に非常に重要なホルモンです。一方でIGF-1を過剰に摂取すると、異常な細胞増殖を引き起こし、がん化につながると考えられています。

タンパク質の摂取量は、このIGF-1のレベル(体内で生産される量)に影響するのです。実際に、ロンゴ教授らの研究では、IGF-1が10ng/ml増えると、対象となる50~65歳の人のがんによる死亡率が9%高くなりました。

ただしIGF-1のレベルは、特に65歳以降に減っていきます。これは筋肉が緊張を失い、年齢とともに弱くなる理由の1つでもあります。よって65歳以上だと、タンパク質を多く摂取したほうが、死亡リスクが減ったのです。

10ng/mlのng(ナノグラム)は、10億分の1グラムという単位です。ごくごく微量です。

タンパク質の摂取量がIGF-1が産生される量に影響し、IGF-1の血液中の量が増えると、がんの死亡率が高くなるというのです。

ただし、IGF-1は、加齢とともに作られなくなるので、65歳以上の高齢者なら、タンパク質を食べても影響しないどころか、たくさん食べた方がよくなるというのです。

また、さらにこんな実験も行われていました。

次に研究者らはマウス実験により、タンパク質の摂取量とIGF-1のレベル、がんの成長の関係を調査しました。

18週齢の雄のマウスを2グループ用意し、39日間連続的に同カロリーで、高タンパク質の食餌(タンパク質量は全カロリーの18%)、または低タンパク質の食餌(タンパク質量は全カロリーの4~7%)を与えました。また各グループのマウスには、実験前に悪性黒色腫の腫瘍を移植し、観察しました。

その結果、どちらのグループのマウスにも腫瘍ができましたが、低タンパク質の食餌グループの腫瘍の大きさは、高タンパク質の食餌グループに比べて平均78%も小さくなりました。高タンパク質の食餌グループは、IGF-1のレベルが増加していました。また低タンパク質の食餌グループは、高タンパク質の食餌グループに比べ、IGF-1のレベルが35%低くなりました。

この結果は、乳がんの細胞を移植した場合にも同様でした。

同じカロリーの食事でも高タンパクの食事では、腫瘍の大きさが大きくなります。それにはIGF-1が関係しているという話ですね。

高血糖とIGF-1が大腸がんの原因に

また、大腸癌と生活習慣,生活習慣病では、大腸癌と肥満の関係についてこのように書かれています。

機序として,インスリン抵抗性に基づく高インスリン血症,インスリン様成長因子(IGF)などの関与が考えられている.すなわち,肥満によってインスリン抵抗性,高インスリン血症が惹起され,インスリンは IGF-1 結合蛋白(IGFBP)の発現を抑制し,その結果,フリーな IGF-1 分画が増える.

インスリンと IGF-1 はともに増殖因子であり,細胞増殖の促進とアポトーシスの抑制が生じ腫瘍発生に働くと考えられる.

インスリン抵抗性とは、インスリンが正常に働かなくなった状態のことをいいます。インスリンが分泌されても、筋肉や肝臓が血液中のブドウ糖を取り込まないため、血糖値が下がらなくなるのです。下がらないから、インスリンはもっと分泌され、高インスリン血症になります。

そして、IGF-1は血中では大部分が結合タンパクと結合しているのですが、インスリンが結合タンパクの出現を邪魔するので、IGF-1が単独で存在するようになります。この状態がIGF-1が過剰にあるのと同じことなのでしょう。

IGF-1は細胞を増殖させる因子なので、癌が発生しやすくなるという話です。

基本的に、IGF-1は成長ホルモン(GH)とセットになっていて、成長ホルモン(GH)が分泌されるとIGF-1が作られる仕組みになっています。

すると、高タンパクの食事は、通常より多く成長ホルモンが分泌され、それに合わせてIGF-1も多く作られることになります。

成長ホルモンを働かさないと長寿になる

NHKEテレ「サイエンスZERO 老化の謎に迫る~見えてきた!カギをにぎる細胞~」2014年7月20日放送では、成長ホルモンについてふれていたようです。

サイエンスZERO まとめ 老化の謎に迫る 見えてきた!カギをにぎる細胞1という記事を参考にさせていただいて抜粋します。

成長ホルモンの受容体の遺伝子を阻害し、成長ホルモンを働かせないようにしたマウスは、通常のマウスの1.4倍長生きすることができた。人間に直したら200才生きたことになる。

なぜ、成長ホルモンを働かせないと長生きできるのか?通常の実験用マウスの死因はガン。超長寿マウスはガンに非常になりにくい。

最近、成長ホルモンとガンの関係が明らかになってきた。成長ホルモンは肝臓で、IGF-1というホルモンを作る。

通常、細胞は、ダメージを受けるとガン細胞になるのをさけるため自ら死んでいく。(アポトーシス)

ところがIGF-1には、ダメージを受けた細胞をアポトーシスから守る作用がある。ダメージを受けた細胞は、キズを持ったまま増殖してガン化する。このことから、成長ホルモンが多いと、ガンになりやすいと考えられる。

この考えの裏付けになるのが、ラロン症候群の患者。エクアドルの特定の地域に多く存在する。彼らは、超長寿マウスとおなじく、成長ホルモンが働かない。そのため、身長は120cmぐらいまでしか伸びない。

研究者が注目したのは、彼らが極めてガンになりにくいという点。同じ地域のガンの発症率を調べてみると、ラロン症候群ではないグループが17%のところ、ラロン症候群のグループはわずか1%だった。

成長ホルモンを抑えるとIGF-1が作られなくなり、アポトーシスが行われるようになるので、傷ついた細胞は自死し、がんになりにくくなるという話です。

知覚神経刺激によるIGF-1の増加は安全

髪がみるみる生える、ふえる、きれいになる25の習慣によると、IGF-1を血管内に投与した場合、このようなことが起きると書かれています。

血管内にIGF-1を投与すると、特定のタンパク質と結合し、その作用が抑制されてしまいます。

そのため、治療効果を期待するためには、大量のIGF-1投与が必要となりますが、大量のIGF-1投与は、低血糖を引き起こすと同時に低血圧や不整脈を引き起こす低リン酸血症をも引き起こします。

さらに、長期のIGF-1投与により顔面の痛みを伴う唾液腺の腫大、顔面や手の浮腫、不整脈、女性化乳房(男性の胸が女性化する病気)、顔面神経麻痺、腕の骨の無血管性壊死などが起こることが報告されています。

「特定のタンパク質と結合し」というのは、結合タンパクのことで、IGF-1の作用を調整する役割があります。調整というのは作用を強めたり抑えたりすることです。通常、IGF-1は血液中では結合タンパクと結合しています。

大量に投与すると、もともとごく微量で作用するホルモンですから、過剰による副作用が起きるということです。

また、成人後に成長ホルモンを投与すると、末梢の浮腫、関節痛、筋肉痛、耐糖能低下、インスリン感受性低下などの副作用が起きることが分かっています。

耐糖能とは、ブドウ糖からエネルギーに変換する能力のことです。耐糖能の異常とはその変換する能力が低下することです。エネルギーに変換できないと、高血糖状態になってしまいます。

知覚神経がIGF-1の産生量をコントロール

これに対して、知覚神経の刺激によるIGF-1増加は、知覚神経がIGF-1の産生量をコントロールしてくれるので、副作用の心配はないそうです。知覚神経を刺激すれば、体の必要に応じてIGF-1がふえるので、副作用もなく安全ですと書かれています。

まとめ

IGF-1は、成長ホルモンが分泌されたのがサインになり、産生されるのが基本です。

食事の変化で、タンパク質の摂取量が増えると、成長ホルモンの分泌量が増え、同時にIGF-1の量も増えて、がんになりやすくなる。

また、高血糖かつ高インスリンの状態では、血液中でIGF-1と結合する、結合タンパクの出現が邪魔されて、フリーになったIGF-1が増えてしまう。すると、細胞増殖を促進するので、がんになりやすくなってしまう。

IGF-1だけを注射すると、結合タンパクと結合してしまい、その量を超えるとすぐに副作用がでる。成長ホルモンを注射すると、すぐに副作用がでる。

しかし、知覚神経を刺激すると、成長ホルモンなしの単独でIGF-1が産生され、しかも必要量は知覚神経にコントロールされているので、安全だというのが現在の私の理解です。

岡嶋先生の安全だという主張に、もう少し厚みがほしいところです。

タイトルとURLをコピーしました