頭皮をマッサージして血行をよくする

髪が気になり始めると、ブラッシングや洗髪に気をつかうようになります。ブラッシングすると頭が気持ちよく感じるので、ブラッシングすれば頭皮の血行をよくすることができると思って頭をマッサージする人は少ないのではないかなと思います。私もです。

頭皮

スポンサーリンク
スポンサーリンク

頭皮のマッサージはブラッシングとは別

ブラッシングは、習慣になると実に気持ちがよいです。髪の毛がしっかりするように気持ちを込めて動かしていると頭皮が刺激されて効果が上がりそうです。

ただ、洗髪後のぬれている時は、ブラッシングするのはよくありません。髪が濡れている時は、キューティクルが開いているので、ブラッシングするとキューティクルがどんどんはがれてしまいます。ブラッシングは髪が乾いている時にしましょう。

また、ブラシの素材によっては静電気が起きますが、そんなときは、ブラシを少し濡らせば静電気は収まります。

ブラッシングにはもちろんマッサージ効果はあります。しかし、昔、床屋さんで頭をマッサージしてもらった心地よさを思い出すと、もっと積極的にマッサージした方がよいに決まっています。

歯と歯茎の関係と似ている

余談ですが、この話は、歯を磨くことと歯茎の関係に似ています。ほとんど全ての人は毎日歯を磨いていると思いますが、歯茎をマッサージする人はいらっしゃいますか?

歯を磨いて歯茎をマッサージしたような気になってはいけません。歯茎に不安のある年齢になった方は、ためしに自然塩と重曹(口の中に入れてOKな食品添加物レベルのものドラッグストアで買えます)を半々の割合にして、水を少し足して練ってから、それを指につけて歯茎をゆっくり裏表マッサージしてみてください。

重曹には研磨する効果があるので、このとき歯ブラシで歯を磨いてはいけません。

短期間に歯茎が締まり、出血したり腫れることがめったになくなります。歯周病予防の高価な歯磨きに頼る必要がなくなりますよ。

頭皮を自分の指でマッサージする

頭皮のマッサージは、朝目が覚めた時にします。できれば、夜も寝る前などにするとよいでしょう。

決してつめを立てて、かゆみをとるように頭皮をかきむしってはいけません。皮膚が傷ついてしまい逆効果になります。

生え際から頭頂部に向けて、両手の指の腹で円を描くようにもみほぐし、頭皮をつまみあげるようにしながら、ゆっくりとていねいにマッサージします。

指先で軽くたたくようにしてもよいです。このマッサージを毎日やっていると、頭皮の血行が促進され、育毛効果が期待できます。

マッサージの方法など書く必要はないくらいですね。頭皮を擦らないように傷つけないようにして、ジワジワとマッサージすればよいのです。

頭皮が固くないか確かめる

頭皮の柔らかさは、日によって微妙に変わります。疲れていると固くなったりしませんか。固くなっているところは、緊張状態にあり、毛細血管も緊張して血流が悪くなっています。

頭皮が固くなっている人は、骨に頭皮がピッタリ張り付いているような方もいます。実際にマッサージすると、柔らかくなるまでに時間がかかったり、マッサージすると痛みを感じることもあります。

頭皮を柔らかくすることは、育毛だけでなくきっと頭の疲労をとったり、健康にも役に立つと思います。

毎日必ずマッサージすることに決めるとよいですよ。

タイトルとURLをコピーしました